NEW 4月18日更新

【イベント「演劇食堂」のお知らせ】

 劇団として参加するduobike主催イベント「演劇食堂」ですが、

第三回には主宰の腹筋善之介に加えて、劇団員のどす恋あゆこ、

跳箱バンの両名が参加します。

 

 しかも、今回は西宮市のイタリア料理店で料理を食べながら、

演劇を観るという趣向となっています。

 また、公演そのものはZOOMでLive配信も行いますし、

アーカイブ視聴も可能です。

 ぜひご検討くださいませ。

 

※なお、お問い合わせはduobike(duobike.net@gmail.com)へお願いいたします。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 第三回「演劇食堂」公演

   -見えなくても見える燦々たる智恵の光-

 

■日時 5月12日(水)17:30~

 

■作・演出 

 腹筋善之介

 

■出演   

 腹筋善之介

 どす恋あゆこ

 跳箱バン

 

■会場

 カ クチーナ ケ インカント

 兵庫県西宮市市庭町9-12香櫨館

 

演劇食堂は、イタリアンレストランでお芝居を観ながら食事できるコースと、zoomでお芝居配信Liveを観るコースと2種類あります‼︎

 

■開場時間

17:00-受付

17:30-開演

20:00-終了予定

 

■料金

(①お芝居とイタリアンコース料理プラン)

8000円(定員45名)

https://ws.formzu.net/dist/S71388863/

 

(②zoom LIVE配信プラン)

2500円

http://ws.formzu.net/dist/S29245569/

※Live配信中、お客様側のビデオはOFFもしくは顔が映らないようになっています。

 

■アーカイブ配信もあり!

【5/14(金)〜5/21(金)22時まで】

 

ー視聴期間

5/14(金)17時30分〜5/21(金)22時まで

 

ー申込期間:5/21(金)20時まで

料金:2500円

オンラインLive配信と同じ申込フォームです↓

http://ws.formzu.net/dist/S29245569/

(paypal/クレジットカード決済)

 

【あらすじ】

演出でもある腹筋善之介は憂いていた。

「どう見ても芸人の集まりにしか見られない!」

有名なイタリア料理店で行われる大演劇食堂の出演者の芸名。

腹筋善之介、どす恋あゆこ、跳箱バン…

 

腹筋は三人で圧倒的な役者の力を発揮するための稽古を始めるが…

どす恋とバンは台本がないことに不安を覚えながら稽古をするが…

 

何を見出さなくてはならないのか考える腹筋は、奇妙な時代劇に取り込まれる。

そこには、イタリア料理とは全く無関係な登場人物が現れる。

鵯越で有名な、義経や弁慶…

腹筋はその時代劇を通して、勇気を手に入れ、大きな一歩を進む。

そこに見えたのは、イタリア料理店オーナーの持つ原風景だった。

 

圧倒的な想像力とイマジネーション力による不思議な演劇!

イタリア料理とともにお送りする大演劇食堂第3弾!

腹筋善之介パワーマイム芝居『見えなくても見える燦々たる知恵の光』

 

■演劇食堂とは?

美味しい料理を食べながら、料理に関係があるお芝居を観てその場のみんなで楽しむ

すべてが斬新なエンターテイメント、演劇食堂。

そんな、客席と舞台を巻き込む、斬新な新空間から、その場にいる全員に不思議な感覚と少し贅沢なひとときをお届けします!

今回は、西宮香櫨園駅近くのイタリアン料理のお店「カ クチーナ ケ インカント」で開催されます!

コロナ予防対策のため、スタッフ/お客様の検温、各所アルコール消毒、会場は吹き抜けという店内換気、客席数半減と対策を徹底しております。

■主催duobike 

HP; duobike.net


NEW 4月18日更新

【劇団員出演予定の舞台中止のお知らせ】

  劇団員・元町もとこが出演予定の

 にちようび企画『いきなり!エンプディ!』は

 主催者側からの判断により中止となりました。

 

 詳細は下のリンク先でお願いいたします。

https://twitter.com/NichiyobiKikaku/status/1383666803507748872?s=19

 


 ABOUT US/  劇団FUKKEN 概要


腹筋善之介が主催する、演劇ワークショップで

ありながら、実験的な演劇を模索し発表する

研究会として始まる。

とある劇団WS公演後、有志の希望で2015年に

設立された。

2018年9月、腹筋善之介を主宰として正式に劇団化し、

劇団FUKKEN(読み方はふっけん)となる。

 

豊中市内や大阪市内で活動中。

たいていは火曜日か金曜日の18:00〜21:30 

(もしくは22:00)。

 

腹筋善之介主宰の東京にある劇団IQ5000の

ように、セットや小道具を用いず、マイムで

表現する舞台を主に上演。

たまに普通じゃない朗読劇。

 


 WORKS/  過去公演


2020年

『ソニックレース(カンサーイロングランレース編』

2020年11月、劇団FUKKEN・生配信朗読活劇イベント

コロナ禍下における初のリモート配信イベント。芝居の前後にお客様とのチャット機能を使った企画を実施。

芝居は登場するキャラクターたちが超高速のレースを行うが、さまざまなハプニングに見舞われるというもの。



2018年11月から劇団FUKKEN公演

 超速!大陸横断鉄道!

2018年11月、劇団FUKKEN旗揚げ公演

劇団化前の腹研開始以来、初のオリジナル作品。乗客を全員乗せる前に大陸横断鉄道が出発してしまう。貨物車に積まれているとんでもない荷物と、さまざまな思惑で乗り込んだ者たちを乗せて、列車は音速を超えていく。

大自然パノラマ◎マタギ演劇 クマウチ

2019年6月、劇団FUKKEN第2回公演

インディペンデントシアター1st移転・新築にともなう「新1st杮落しシリーズ」参加作品。

マタギの生活を通して、自然と人間との関わり方を問う。信念を持って生きる人の生き様を描く。

 BlackBerry

2019年11月、劇団FUKKEN第3回公演

3部作のシリーズ第2弾。「マンホール・ロケット」の数年前の子供たちを描く。

子どもたちは目に良いというベリーを取りにバイカル―湖に向かう。一方、マンホールの下で帰りを待つ年少の子どもたちは大人たちの策謀により苦境に陥る。圧倒的な悲劇の先にあるものとは・・・。

 



2018年(この下までは腹研公演)

熱血!夜間学校クラブ!略してヤガク!

2018年5月、第10回公演

IQ5000やワークショップなどでたびたび上演されている作品。腹研設立のきっかけとなったのが、この作品のWS公演。

夜間学校にいる熱血漢の先生と、その言動に巻き込まれていく生徒たちの話。

 

マンホール・ロケット

2018年1月、第9回公演

「マンホール・ロケット」「ブラック・ベリー」「ホワイト・フラワー」の3部作のシリーズ第1弾。

マンホールの下に暮らす子どもたちの話。リーダーと呼ばれる少年が中心となって、みんなでロケットを作って飛ばそうするが・・・。

 その他の作品はこちらから。

 これまでの腹研 WORKS