NEWS

劇団FUKKEN・主宰の腹筋善之介が、伊藤えん魔プロデュース『超ソロバトル』(2月1日~3日)に出演します。

詳細はファントマページで。 ※ただし、腹筋善之介は2月1日(金)のみの出演です。 


NEWS

<劇団員舞台出演情報>

☆にしかわもとこの出演

にちようび企画第二回公演

『あたりまえのとんぼ』

 

2/2(土)13:00/18:00
2/3(日)13:00/17:00

*上演は1時間30分予定

 

於:オーバルシアター
http://www.officephi.com/loxo.html

 

にしかわもとこ扱い
https://www.quartet-online.net/ticket/atarimae?m=0kcgddi

 


2019年1月1日より、大背戸陽介(セドくん)が正式に劇団員となりました。

今後とも劇団FUKKENをどうぞよろしくお願いいたします。


腹筋善之介演劇研究会、略して「腹研」は、2018年9月より正式に劇団となりました!

名称は「劇団FUKKEN」です。今後ともよろしくお願いいたします。


 ABOUT US/  劇団FUKKEN 概要


腹筋善之介が主催する、演劇ワークショップでありながら、

実験的な演劇を模索し発表する研究会として始まる。

とある劇団WS公演後、有志の希望で設立された。

2018年9月、正式に劇団化し、劇団FUKKEN(読み方はふっけん)となる。

 

豊中市内や大阪市内で活動中。

たいていは木曜日か金曜日の18:00〜21:30 (もしくは22:00)。

 

腹筋善之介主宰の東京にある劇団IQ5000のように、

セットや小道具を用いず、マイムで表現する舞台を主に上演。

たまに普通じゃない朗読劇。

 

 WORKS/  過去公演


2018年(ここから上は劇団FUKKEN公演)

 超速!大陸横断鉄道!

2018年11月、劇団FUKKEN旗揚げ公演

劇団化前の腹研開始以来、初のオリジナル作品。乗客を全員乗せる前に大陸横断鉄道が出発してしまう。貨物車に積まれているとんでもない荷物と、さまざまな思惑で乗り込んだ者たちを乗せて、列車は音速を超えていく。



2018年(この下までは腹研公演)

熱血!夜間学校クラブ!略してヤガク!

2018年5月、第10回公演

IQ5000やワークショップなどでたびたび上演されている作品。腹研設立のきっかけとなったのが、この作品のWS公演。

夜間学校にいる熱血漢の先生と、その言動に巻き込まれていく生徒たちの話。

 

マンホール・ロケット

2018年1月、第9回公演

「マンホール・ロケット」「ブラック・ベリー」「ホワイト・フラワー」の3部作のシリーズ第1弾。

マンホールの下に暮らす子どもたちの話。リーダーと呼ばれる少年が中心となって、みんなでロケットを作って飛ばそうするが・・・。

 その他の作品はこちらから。

 これまでの腹研 WORKS